過去に実施された小学校受験の入試問題

国立や私立の小学校に入学する小学校受験が増えています。敷居が高いと思われてきた小学校受験ですが、何も特別なことではなく、一般的な家庭なども受験するようになってきました。また、共働きで子どもを保育園に通わせながら、小学校に受験することも珍しくなくなりました。教育に熱心な方は、うちは小学校受験すべきか、わが子に合う学校の選択肢を広げるべきなのでは、など一度は考えるのではないでしょうか。附属大学までの一貫教育や質の高い教育、カリキュラムの充実など魅力的な内容が目にとまります。また、中学受験が当たり前になってきたのも、小学校受験が増えている要因の一つでしょう。中学受験で苦労するよりも、小学校に上がる前に希望の学校に入った方が、リスクが少なくて済むと考えるご家庭が増えているためです。

小学校受験ための準備と志望校選び

受験にはいろいろな準備が必要になります。気になる小学校を調べたり、志望校を選んだり、学校見学も重要です。自分の子どもに合う校風の小学校を見つけることができれば、次は受験対策です。国立の小学校は抽選がある場合があって、試験対策が難しいですが、私立小学校の場合は子どもの実力次第となるので、受験対策がたいへん重要となります。小学校の入学試験は一般的に、ペーパー試験、実技、行動観察、面接などが実施されます。試験内容としては、数の問題、図形、言葉、絵画などの問題、一般生活におけるマナーなどの生活常識を問うものや知識などが出題されます。その他にも、口頭試験や運動の試験、他の子どもとの様子を観察する行動観察の試験、記憶の試験など、いろいろな内容を組み合わせて行われます。

小学校受験の入試問題と試験対策

志望校に合格するためには、家庭学習や準備だけでは、やはり限界があり不十分な場合が多く、小学受験のための塾に子供を通わせる場合が多いようです。小学校受験のための塾では、ペーパー試験に対応した勉強だけでなく、幼児教室や体操教室、絵画教室など、多くの内容を学ぶことが出来る所もあります。また、学力だけでなく、日常生活で必要なしつけや、指示行動、集団行動や団体での行動、面接での受け答えなどにも、日頃から慣れておくことが大切です。他にも、運動能力やコミュニケーション能力、マナーや教養などは、短い期間で身につくものでは無いので、早めに準備をしてしっかり身につけたいものです。志望する学校の合格に、多くの実績を持っている塾を選んで、小学校受験を乗り切りましょう。

名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 小学校受験の問題ご用意しております