小学校受験の入試問題の解き方のコツをお教えします

小学校受験を成功させるには、筆記試験を突破しなければなりません。入試問題の中には難しいものもあります。大人が考えても正解を出しにくいことがあり、そんな問題を多く正解するのは簡単ではありません。小学校受験用の問題集があるので、それを購入して実際の問題を解いてみます。時間を決めて解いて、その時間内解けない問題は気にする必要はありません。満点を取らなくても、合格できます。満点よりも、時間内に自分のできる問題を確実に正解するようにします。そのためには、過去の問題を繰り返し練習することが必要になります。できなかった問題は解説を念入りに読みましょう。念入りに読んで、解き方のパターンを頭の中に入れれば、似た問題が出された時に、正解しやすくなります。

小学校受験に備えて思考力と読解力を鍛えておく

小学校受験に出される問題はいくつかの種類があります。それをおおまかに2つに分類すると、思考力を必要とするものと、読解力を必要とするものになります。前者は算数が多く、後者は国語になります。算数関連だったら、例題を多く解くことで点数を上げられます。解けない時は、参考書の解説をよく読みます。そしてそれをノートに書き写します。書き写すことで、解き方の方法が頭に入っていきます。1回ではなく、2、3回写した方が効果的です。国語の場合は、まず言葉を覚えるようにします。過去問に出てきた知らない言葉は全部覚えます。覚えた後は多くの文章を読みます。文章を読めば読むほど、読解力が高まります。過去問に触れるだけではなく、たくさんの絵本や物語を読むようにします。読んでおけば、入試の時に良い点数を取れます。

絶えず時間を意識して過去問を解く

小学校受験の筆記試験には制限時間があります。これを意識する癖をつけましょう。最初は時間にこだわらなくても良いのですが、入試が近づいたらできるだけ早く問題を解けるようにします。一生懸命考えても、解けない問題もあります。そんな場合は、それを捨てるようにしなければなりません。そのかわりに他の部分で点数を取るようにします。このような時間配分を意識した解き方を本番でできるようにするには、準備の段階でいつも時計を見ながら問題を解く必要があります。子供はこのようなバランス感覚を持ちにくいことがあります。その場合は親がしっかり教えてください。最初は時間を意識した解き方ができなくても、練習していたら、どんな子供でもできるようになります。練習を重ねることで、効率的な問題の解き方をマスターします。